[F-18]Fluorodeoxyglucose positron emission tomography can predict pathological tumor stage and proliferative activity determined by Ki-67 in clinical stage 1A lung adenocarcinomas 肺癌の悪性度診断におけるFDG-PET検査の役割に関する研究 : 臨床病気1A肺腺癌における18F-FDGの集積と、病理病期、免疫組織化学的検討を中心に

この論文をさがす

著者

    • 渡邉, 健一 ワタナベ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

[F-18]Fluorodeoxyglucose positron emission tomography can predict pathological tumor stage and proliferative activity determined by Ki-67 in clinical stage 1A lung adenocarcinomas

タイトル別名

肺癌の悪性度診断におけるFDG-PET検査の役割に関する研究 : 臨床病気1A肺腺癌における18F-FDGの集積と、病理病期、免疫組織化学的検討を中心に

著者名

渡邉, 健一

著者別名

ワタナベ, ケンイチ

学位授与大学

杏林大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

博甲医第312号

学位授与年月日

2007-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000438592
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000439925
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000009435212
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ