子宮動脈塞栓術における被ばく線量の検討 : 臨床例における皮膚表面線量測定と人体型ファントムによる骨盤内臓器吸収線量測定を基に Exposure doses of skin surface and pelvic organs on operation of uterine artery embolization : based on dose measurement of patient surface skin dose and pelvic organ doses in phantom examination

この論文をさがす

著者

    • 増田, 裕 マスダ, ユタカ

書誌事項

タイトル

子宮動脈塞栓術における被ばく線量の検討 : 臨床例における皮膚表面線量測定と人体型ファントムによる骨盤内臓器吸収線量測定を基に

タイトル別名

Exposure doses of skin surface and pelvic organs on operation of uterine artery embolization : based on dose measurement of patient surface skin dose and pelvic organ doses in phantom examination

著者名

増田, 裕

著者別名

マスダ, ユタカ

学位授与大学

杏林大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

博乙医第472号

学位授与年月日

2006-12-20

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000438608
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000439941
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000009435390
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ