Role of computed tomography fluoroscopy-guided cutting needle biopsy of lung lesions after transbronchial examination resulting in negative diagnosis 気管支鏡下生検にて診断に至らなかった肺病変に対するCT透視下肺生検の役割

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松井, 裕輔 マツイ, ユウスケ

書誌事項

タイトル

Role of computed tomography fluoroscopy-guided cutting needle biopsy of lung lesions after transbronchial examination resulting in negative diagnosis

タイトル別名

気管支鏡下生検にて診断に至らなかった肺病変に対するCT透視下肺生検の役割

著者名

松井, 裕輔

著者別名

マツイ, ユウスケ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4375号

学位授与年月日

2011-03-25

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000545359
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000547433
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000011285629
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ