Combined presence of aortic valve calcification and mitral annular calcification as a marker of the extent and vulnerable characteristics of coronary artery plaque assessed by 64-multidetector computed tomography 大動脈弁石灰化と僧帽弁輪石灰化の合併は,冠動脈プラークの拡がりおよび脆弱性因子と関連がある : 64列型コンピュータ断層撮影による検討

この論文をさがす

著者

    • 宇都宮, 裕人 ウツノミヤ, ヒロト

書誌事項

タイトル

Combined presence of aortic valve calcification and mitral annular calcification as a marker of the extent and vulnerable characteristics of coronary artery plaque assessed by 64-multidetector computed tomography

タイトル別名

大動脈弁石灰化と僧帽弁輪石灰化の合併は,冠動脈プラークの拡がりおよび脆弱性因子と関連がある : 64列型コンピュータ断層撮影による検討

著者名

宇都宮, 裕人

著者別名

ウツノミヤ, ヒロト

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5535号

学位授与年月日

2011-03-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000545737
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000547813
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000011295242
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ