Predictive value of serum macrophage colony-stimulating factor for development of aortic calcification in haemodialysis patients : a 6 year longitudinal study 血液透析患者における大動脈石灰化の予測因子としての血清マクロファージコロニー刺激因子値の意義についての検討 : 6年間の縦断的研究

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木原, 敏晴 キハラ, トシハル

書誌事項

タイトル

Predictive value of serum macrophage colony-stimulating factor for development of aortic calcification in haemodialysis patients : a 6 year longitudinal study

タイトル別名

血液透析患者における大動脈石灰化の予測因子としての血清マクロファージコロニー刺激因子値の意義についての検討 : 6年間の縦断的研究

著者名

木原, 敏晴

著者別名

キハラ, トシハル

学位授与大学

長崎大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

博(医歯薬)乙第18号

学位授与年月日

2011-02-02

注記・抄録

博士論文

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000546103
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000548180
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000011298145
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ