Repair pathways independent of the Fanconi anemia nuclear core complex play a predominant role in mitigating formaldehyde-induced DNA damage 核内ファンコニ貧血コア複合体に非依存的な修復経路がホルムアルデヒドで誘発されたDNA損傷の軽減に重要な役割を果たす

この論文をさがす

著者

    • 野田, 太一 ノダ, タイチ

書誌事項

タイトル

Repair pathways independent of the Fanconi anemia nuclear core complex play a predominant role in mitigating formaldehyde-induced DNA damage

タイトル別名

核内ファンコニ貧血コア複合体に非依存的な修復経路がホルムアルデヒドで誘発されたDNA損傷の軽減に重要な役割を果たす

著者名

野田, 太一

著者別名

ノダ, タイチ

学位授与大学

奈良県立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第576号

学位授与年月日

2011-03-16

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000546660
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000548748
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023228624
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ