Clinical significance of papillary muscle late enhancement detected via cardiac magnetic resonance imaging in patients with single old myocardial infarction 1枝病変の陳旧性心筋梗塞例における心臓MRIでの乳頭筋遅延造影像の臨床学的意義

この論文をさがす

著者

    • 岡山, 悟志 オカヤマ, サトシ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of papillary muscle late enhancement detected via cardiac magnetic resonance imaging in patients with single old myocardial infarction

タイトル別名

1枝病変の陳旧性心筋梗塞例における心臓MRIでの乳頭筋遅延造影像の臨床学的意義

著者名

岡山, 悟志

著者別名

オカヤマ, サトシ

学位授与大学

奈良県立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1259号

学位授与年月日

2010-12-01

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000546682
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000548770
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023228742
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ