Adoption of information and communication technology in Indonesia : focusing on emergency medical communication systems and mobile TV acceptance インドネシアにおける情報通信技術の導入に関する研究 : 救急医療通信システムとモバイルテレビの受容を中心として

この論文をさがす

著者

    • Qiantori, Andri キアントリ, アンドリ

書誌事項

タイトル

Adoption of information and communication technology in Indonesia : focusing on emergency medical communication systems and mobile TV acceptance

タイトル別名

インドネシアにおける情報通信技術の導入に関する研究 : 救急医療通信システムとモバイルテレビの受容を中心として

著者名

Qiantori, Andri

著者別名

キアントリ, アンドリ

学位授与大学

電気通信大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第634号

学位授与年月日

2011-03-24

注記・抄録

博士論文

インドネシアのような発展途上国においては、情報通信技術(ICT)の導入を改善することによって、多くの問題を解決できる可能性がある。しかしながら、その導入は、資源的制約やサービス知識の不足のため、困難に直面しているのが実情である。この研究の目的は、先進国で実現されているICT サービスを参考にし、その知識移転を通じて、インドネシアにおけるICT 導入の改善を図ることにある。低高度プラットホーム(LAP)システムは、いくつかの先進国で実現されている先進的救急医療通信システムの代替案として提案したシステムである。実証実験の結果、LAP システムが、天災による非常時の救急医療通信システムとして、インドネシアで利用可能であることを示した。インドネシアにおけるモバイルテレビのユーザ当りの収益性が低いのは、ユーザがこのサービスを利用したがらないためであると考えられる。知識移転の要件を探るため、インドネシア人と日本人のモバイルテレビ利用者の比較を行うこととした。このため、Technology Acceptance Model (TAM)を拡張したモデルを構築し、インドネシアと日本人のユーザについて調査し、潜在的要因の解明を図った。その結果、サービス範囲の限定性とサービス知識の欠如が、インドネシアにおけるモバイルテレビのユーザ支持に作用していることが見出された。この研究は、インドネシアにおけるICT サービスの提供を適切なものとし、導入の速度を向上させるためには、ICT 導入における現実の問題を理解することが不可欠であることを示している。先進国におけるICT サービスの知識を獲得する研究は、インドネシアにおけるICT 導入問題に対する理解の改善に資することができると考える。Improving Information and Communication Technology (ICT) advancement indeveloping country like Indonesia has potential to solve a wide range of health, social andeconomic problems. However, Indonesia faces serious ICT difficulties such asinsufficient funding to deployment strategic service and slow adoption rate to catch upICT advancement. The aim of this study is to further our understanding the ICT adoptionin Indonesia in order to deploy appropriate ICT services by acquire knowledge ofadvancement ICT services in developed countries.Indonesia requires an ad hoc communication system which supports the emergencycommunications capabilities to search, rescue, and recovery operations during acatastrophic event such as natural disaster which frequently occurred in Indonesia. Wepropose a prototype Low Altitude Platform (LAP) system as an alternative solution tosubstitute advancement emergency medical communication systems in several developedcountries. The experiment result shows that only with limited resource the LAP systemprovides an excellent option for emergency medical communications system for naturaldisaster in Indonesia.The low average revenue per user for mobile TV service in Indonesia seems toindicate an unwillingness of customers using this service. Comparative study employingour extended Technology Acceptance Model was conducted between Indonesian andJapanese mobile TV consumer in order to understand potential determinants that explaindifference user acceptance in Indonesia and Japan. The empirical results show that lack ofattitude toward mobile TV and limited of service availability are responsible to slowadoption rate of mobile TV service in Indonesia.Understanding the actual problems of ICT adoption is truly essential in order toprovide appropriate and increasing adoption rate of ICT services in Indonesia. Weconclude from this study that acquire knowledge of advancement ICT service indeveloped countries improves our understanding to determine problems ICT adoption inIndonesia.

2010

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000547462
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000549554
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023263147
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ