Elevated CD133, but not VEGF or EGFR, as a predictive marker of distant recurrence after preoperative chemoradiotherapy in rectal cancer CD133発現増加は、術前化学放射線療法後の直腸癌における遠隔転移再発の予測因子である

この論文をさがす

著者

    • 安田, 裕美 ヤスダ, ヒロミ

書誌事項

タイトル

Elevated CD133, but not VEGF or EGFR, as a predictive marker of distant recurrence after preoperative chemoradiotherapy in rectal cancer

タイトル別名

CD133発現増加は、術前化学放射線療法後の直腸癌における遠隔転移再発の予測因子である

著者名

安田, 裕美

著者別名

ヤスダ, ヒロミ

学位授与大学

三重大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1549号

学位授与年月日

2012-03-26

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560129
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000562336
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023851287
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ