Significance of urinary liver-fatty acid-binding protein in cardiac catheterization in patients with coronary artery disease 冠動脈疾患患者における、心臓カテーテル前の尿中L-FABP測定の意義

この論文をさがす

著者

    • 福田, 佑介 フクダ, ユウスケ

書誌事項

タイトル

Significance of urinary liver-fatty acid-binding protein in cardiac catheterization in patients with coronary artery disease

タイトル別名

冠動脈疾患患者における、心臓カテーテル前の尿中L-FABP測定の意義

著者名

福田, 佑介

著者別名

フクダ, ユウスケ

学位授与大学

福岡大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1245号

学位授与年月日

2009-03-21

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560534
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000562745
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023891657
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ