Early decline of the HCV core antigen can predict SVR in patients with HCV treated by pegylated-interferon plus ribavirin combination therapy ペグインターフェロン+リバビリン併用療法を行ったC型肝炎患者における血中HCVコア抗原濃度による早期治療効果予測

この論文をさがす

著者

    • 藤野, 達也 フジノ, タツヤ

書誌事項

タイトル

Early decline of the HCV core antigen can predict SVR in patients with HCV treated by pegylated-interferon plus ribavirin combination therapy

タイトル別名

ペグインターフェロン+リバビリン併用療法を行ったC型肝炎患者における血中HCVコア抗原濃度による早期治療効果予測

著者名

藤野, 達也

著者別名

フジノ, タツヤ

学位授与大学

福岡大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1264号

学位授与年月日

2009-03-21

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560591
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000562802
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023892168
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ