Clinicopathological and molecular correlates of HER2 expression, PIK3CA mutations and EBV infection involved in the PI3K-Akt pathway in gastric cancer 胃癌におけるPI3K-Akt経路に関わるHER2発現、PIK3CA変異、EBV感染の臨床病理および分子学的意義に関する検討

この論文をさがす

著者

    • 須河, 恭敬 スカワ, ヤスタカ

書誌事項

タイトル

Clinicopathological and molecular correlates of HER2 expression, PIK3CA mutations and EBV infection involved in the PI3K-Akt pathway in gastric cancer

タイトル別名

胃癌におけるPI3K-Akt経路に関わるHER2発現、PIK3CA変異、EBV感染の臨床病理および分子学的意義に関する検討

著者名

須河, 恭敬

著者別名

スカワ, ヤスタカ

学位授与大学

札幌医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1103号

学位授与年月日

2012-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000560843
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000563054
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023898125
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ