Pathogenetic role of the tyrosine-phosphorylated CagA EPIYA sequence of Helicobacter pylori in the histological gastritis in Japanese patients 本邦の組織学的胃炎におけるH.pyloriのチロシンリン酸化CagA EPIYA配列の病原性

この論文をさがす

著者

    • 髙田, 俊介 タカタ, シュンスケ

書誌事項

タイトル

Pathogenetic role of the tyrosine-phosphorylated CagA EPIYA sequence of Helicobacter pylori in the histological gastritis in Japanese patients

タイトル別名

本邦の組織学的胃炎におけるH.pyloriのチロシンリン酸化CagA EPIYA配列の病原性

著者名

髙田, 俊介

著者別名

タカタ, シュンスケ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4944号

学位授与年月日

2009-03-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000561526
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000563740
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023907945
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ