Mutant protein kinase C gamma that causes spinocerebellar ataxia type 14 (SCA14) is selectively degraded by autophagy 遺伝性脊髄小脳失調症14型(SCA14)で見出された変異γPKCの分解にオートファジーが関与する

この論文をさがす

著者

    • 山本, 和央 ヤマモト, カズヒロ

書誌事項

タイトル

Mutant protein kinase C gamma that causes spinocerebellar ataxia type 14 (SCA14) is selectively degraded by autophagy

タイトル別名

遺伝性脊髄小脳失調症14型(SCA14)で見出された変異γPKCの分解にオートファジーが関与する

著者名

山本, 和央

著者別名

ヤマモト, カズヒロ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5276号

学位授与年月日

2010-05-27

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000561556
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000563770
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023908095
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ