Titration of hepatitis B virus infectivity in the sera of pre-acute and late acute phases of HBV infection : transmission experiments to chimeric mice with human liver repopulated hepatocytes ヒト肝細胞置換キメラマウスを用いた,B型肝炎ウイルス感染成立に必要な最少ウイルス量の決定のための感染実験 : HBV感染早期と感染後期の血清中のウイルス量の比較

この論文をさがす

著者

    • 田渕, 文子 タブチ, アヤコ

書誌事項

タイトル

Titration of hepatitis B virus infectivity in the sera of pre-acute and late acute phases of HBV infection : transmission experiments to chimeric mice with human liver repopulated hepatocytes

タイトル別名

ヒト肝細胞置換キメラマウスを用いた,B型肝炎ウイルス感染成立に必要な最少ウイルス量の決定のための感染実験 : HBV感染早期と感染後期の血清中のウイルス量の比較

著者名

田渕, 文子

著者別名

タブチ, アヤコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5529号

学位授与年月日

2011-03-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000561614
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000563828
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023909409
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ