Intraradial administration of fasudil inhibits augmented Rho kinase activity to effectively dilate the spastic radial artery during coronary artery bypass grafting surgery 冠動脈バイパス手術において,ファスジルの攣縮橈骨動脈内への投与は増加したRhoキナーゼ活性を有効に抑制して攣縮を解除する

この論文をさがす

著者

    • 髙木, 剛 タカギ, タケシ

書誌事項

タイトル

Intraradial administration of fasudil inhibits augmented Rho kinase activity to effectively dilate the spastic radial artery during coronary artery bypass grafting surgery

タイトル別名

冠動脈バイパス手術において,ファスジルの攣縮橈骨動脈内への投与は増加したRhoキナーゼ活性を有効に抑制して攣縮を解除する

著者名

髙木, 剛

著者別名

タカギ, タケシ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第3591号

学位授与年月日

2011-06-30

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562060
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564275
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023915802
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ