Viral decline over 48h and HCV amino acid mutations are related to efficacy of PEG-IFN/ribavirin ペグインターフェロン/リバビリン併用療法の効果とC型肝炎ウイルス減少およびウイルス変異の関係

この論文をさがす

著者

    • 宮坂, 昭生 ミヤサカ, アキオ

書誌事項

タイトル

Viral decline over 48h and HCV amino acid mutations are related to efficacy of PEG-IFN/ribavirin

タイトル別名

ペグインターフェロン/リバビリン併用療法の効果とC型肝炎ウイルス減少およびウイルス変異の関係

著者名

宮坂, 昭生

著者別名

ミヤサカ, アキオ

学位授与大学

岩手医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第732号

学位授与年月日

2012-06-05

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562346
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564561
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023958404
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ