Increased peritoneal dissemination after laparotomy vs. pneumoperitoneum in a mouse cecal cancer model マウス盲腸癌モデルにおける開腹および気腹操作の腹膜播種増強に及ぼす影響

この論文をさがす

著者

    • 竹内, 裕昭 タケウチ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

Increased peritoneal dissemination after laparotomy vs. pneumoperitoneum in a mouse cecal cancer model

タイトル別名

マウス盲腸癌モデルにおける開腹および気腹操作の腹膜播種増強に及ぼす影響

著者名

竹内, 裕昭

著者別名

タケウチ, ヒロアキ

学位授与大学

大分大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第220号

学位授与年月日

2005-03-25

注記・抄録

博士論文

本タイトル (誤植) : Increased peritoneal dissemination after laparotomy vs. pneumoperitoneum in a mouse cecal canser model

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562622
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564838
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023963636
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ