Comparison of mitral valve area by pressure half-time and proximal isovelocity surface area method in patients with mitral stenosis : effect of net atrioventricular compliance 僧帽弁狭窄症患者の弁口面積測定におけるPISA法の有用性

この論文をさがす

著者

    • Alaa Mabrouk Salem Omar アレー マブルク サレム オマル

書誌事項

タイトル

Comparison of mitral valve area by pressure half-time and proximal isovelocity surface area method in patients with mitral stenosis : effect of net atrioventricular compliance

タイトル別名

僧帽弁狭窄症患者の弁口面積測定におけるPISA法の有用性

著者名

Alaa Mabrouk Salem Omar

著者別名

アレー マブルク サレム オマル

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5443号

学位授与年月日

2012-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562724
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564940
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023966736
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ