Antisense oligonucleotide induced dystrophin exon 45 skipping at a low half-maximal effective concentration in a cell-free splicing system 無細胞スプライシング系においてアンチセンスオリゴヌクレオチドは低い50%効果濃度でジストロフィン遺伝子エクソン45のスキッピングを誘導した

この論文をさがす

著者

    • Rusdy Ghazali Malueka ルスディ ガザリ マルエカ

書誌事項

タイトル

Antisense oligonucleotide induced dystrophin exon 45 skipping at a low half-maximal effective concentration in a cell-free splicing system

タイトル別名

無細胞スプライシング系においてアンチセンスオリゴヌクレオチドは低い50%効果濃度でジストロフィン遺伝子エクソン45のスキッピングを誘導した

著者名

Rusdy Ghazali Malueka

著者別名

ルスディ ガザリ マルエカ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5450号

学位授与年月日

2012-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562731
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000564947
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023966809
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ