Copresence of tenascin C around primary tumor and ALDH1-positive cells in primary tumor was an independent prognostic factor in patients with breast cancer 乳癌における腫瘍周囲のTenascin Cと主病巣のALDH1陽性細胞の共発現と予後に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大木, 陽亮 オオキ, ヨウスケ

書誌事項

タイトル

Copresence of tenascin C around primary tumor and ALDH1-positive cells in primary tumor was an independent prognostic factor in patients with breast cancer

タイトル別名

乳癌における腫瘍周囲のTenascin Cと主病巣のALDH1陽性細胞の共発現と予後に関する研究

著者名

大木, 陽亮

著者別名

オオキ, ヨウスケ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第4722号

学位授与年月日

2012-03-27

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000562942
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000565159
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 023972257
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ