Sequential FDG-PET/CT after neoadjuvant chemotherapy is a predictor of histopathologic response in patients with head and neck squamous cell carcinoma 頭頸部がん患者に対する導入化学療法後にFDG-PET/CTを経時的に施行することで病理組織学的効果の予測が可能である

この論文をさがす

著者

    • 菊地, 正弘 キクチ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

Sequential FDG-PET/CT after neoadjuvant chemotherapy is a predictor of histopathologic response in patients with head and neck squamous cell carcinoma

タイトル別名

頭頸部がん患者に対する導入化学療法後にFDG-PET/CTを経時的に施行することで病理組織学的効果の予測が可能である

著者名

菊地, 正弘

著者別名

キクチ, マサヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第12685号

学位授与年月日

2012-07-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564174
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566398
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024032942
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ