Can laparoscopy be omitted for infertile women with bilateral tubal patency assessed by hysterosalpingography? 両側卵管疎通性のある不妊症例に対する腹腔鏡手術は有用か

この論文をさがす

著者

    • 銘苅, 桂子 メカル, ケイコ

書誌事項

タイトル

Can laparoscopy be omitted for infertile women with bilateral tubal patency assessed by hysterosalpingography?

タイトル別名

両側卵管疎通性のある不妊症例に対する腹腔鏡手術は有用か

著者名

銘苅, 桂子

著者別名

メカル, ケイコ

学位授与大学

琉球大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙医論第204号

学位授与年月日

2012-03-21

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564423
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566656
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024068787
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ