MEK-ERK signaling dictates DNA-repair gene MGMT expression and temozolomide resistance of stem-like glioblastoma cells via the MDM2-p53 axis グリオブラストーマのMGMT発現におけるMAPK経路の役割

この論文をさがす

著者

    • 松田, 憲一朗 マツダ, ケンイチロウ

書誌事項

タイトル

MEK-ERK signaling dictates DNA-repair gene MGMT expression and temozolomide resistance of stem-like glioblastoma cells via the MDM2-p53 axis

タイトル別名

グリオブラストーマのMGMT発現におけるMAPK経路の役割

著者名

松田, 憲一朗

著者別名

マツダ, ケンイチロウ

学位授与大学

山形大学

取得学位

博士(医科学)

学位授与番号

甲第996号

学位授与年月日

2012-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564683
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000566922
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024071173
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ