Aid diplomacy, harmonization and incentives : how the changes in the internal and external determinants shaped the way Japan managed and used its aid and their linkages with tha aid effectiveness agenda 援助外交、調和とインセンティブ : 内外の諸要因から見た日本の援助体制の変容および援助効果に関する国際議論との関わり

この論文をさがす

著者

    • 林川, 眞人 ハヤシカワ, マサト

書誌事項

タイトル

Aid diplomacy, harmonization and incentives : how the changes in the internal and external determinants shaped the way Japan managed and used its aid and their linkages with tha aid effectiveness agenda

タイトル別名

援助外交、調和とインセンティブ : 内外の諸要因から見た日本の援助体制の変容および援助効果に関する国際議論との関わり

著者名

林川, 眞人

著者別名

ハヤシカワ, マサト

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士(政策・メディア)

学位授与番号

甲第3709号

学位授与年月日

2012-09-21

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000564913
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000567156
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024077806
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ