子宮内膜発癌におけるPten遺伝子とエストロゲンの関与 : Cre/loxP systemを用いた子宮内膜癌モデルマウスによる検討 Effect of Pten and estrogen on endometrial carcinogenesis in endometrial cancer mouse model with Cre/loxP-mediated inactivation of the murine Pten

この論文をさがす

著者

    • 齋藤, 文誉 サイトウ, フミタカ

書誌事項

タイトル

子宮内膜発癌におけるPten遺伝子とエストロゲンの関与 : Cre/loxP systemを用いた子宮内膜癌モデルマウスによる検討

タイトル別名

Effect of Pten and estrogen on endometrial carcinogenesis in endometrial cancer mouse model with Cre/loxP-mediated inactivation of the murine Pten

著者名

齋藤, 文誉

著者別名

サイトウ, フミタカ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第953号

学位授与年月日

2012-03-12

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570120
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000572403
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024392452
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ