ビオチン化イノシトールリン酸の合成と表面プラズモン共鳴法への応用 : PH domainおよびHIV-1 Gagとイノシトールリン脂質との結合解析 Synthesis of biotinylated inositol phosphates relevant to surface plasmon resonance study : analysis of binding between phosphatidylinositol and PH domain or HIV-1 Gag

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安楽, 健作 アンラク, ケンサク

書誌事項

タイトル

ビオチン化イノシトールリン酸の合成と表面プラズモン共鳴法への応用 : PH domainおよびHIV-1 Gagとイノシトールリン脂質との結合解析

タイトル別名

Synthesis of biotinylated inositol phosphates relevant to surface plasmon resonance study : analysis of binding between phosphatidylinositol and PH domain or HIV-1 Gag

著者名

安楽, 健作

著者別名

アンラク, ケンサク

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第142号

学位授与年月日

2012-07-05

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570129
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000572413
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024392485
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ