切除不能進行再発大腸癌患者におけるTranscription-Reverse Transcription Concerted Reaction法を用いた血中循環腫瘍細胞検出の有用性 The usefulness of transcription-reverse transcription concerted reaction method for detection circulating tumor cells in patients with advanced and/or metastatic colorectal cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 伸隆 サトウ, ノブタカ

書誌事項

タイトル

切除不能進行再発大腸癌患者におけるTranscription-Reverse Transcription Concerted Reaction法を用いた血中循環腫瘍細胞検出の有用性

タイトル別名

The usefulness of transcription-reverse transcription concerted reaction method for detection circulating tumor cells in patients with advanced and/or metastatic colorectal cancer

著者名

佐藤, 伸隆

著者別名

サトウ, ノブタカ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第1807号

学位授与年月日

2011-03-25

注記・抄録

博士論文

5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570159
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000572444
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024392641
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ