エイズ発症遅延に相関のあるHLA-B*51:01アリルを持つ日本人血友病患者における長期的なHIV-1増殖抑制機構に関する研究 Mechanisms of the long-term control of HIV-1 in Japanese hemophiliacs carrying slow-progressing allele HLA-B*51:01

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 久世, 望 クセ, ノゾミ

書誌事項

タイトル

エイズ発症遅延に相関のあるHLA-B*51:01アリルを持つ日本人血友病患者における長期的なHIV-1増殖抑制機構に関する研究

タイトル別名

Mechanisms of the long-term control of HIV-1 in Japanese hemophiliacs carrying slow-progressing allele HLA-B*51:01

著者名

久世, 望

著者別名

クセ, ノゾミ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第1817号

学位授与年月日

2012-03-23

注記・抄録

博士論文

本研究では日本人のHIV-1感染血友病患者をコホートとしてHLA-B*51:01の病態進行に及ぼす影響を調べた。これらの患者は1983年頃にHIV-1に感染し1997年まで無治療であることが分かっている。さらに in vivo におけるHIV-1特異的CTLの役割を明らかにするため、HLA-B*51:01陽性のLTNPおよびSPのHIV-1特異的CTLの解析を行った。またLTNPのHIV-1増殖抑制機構の解明を目的として選択される変異体ウイルスおよび誘導されているCTLの機能の解析を行った。

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570180
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000572465
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024392756
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ