抗悪性腫瘍薬の個体間ならびに個体内変動解析を基盤とした治療戦略構築に関する研究 The construction of treatment strategy based on analysis of intra/inter-individual variability of anticancer drugs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩田, 一史 イワタ, カズフミ

書誌事項

タイトル

抗悪性腫瘍薬の個体間ならびに個体内変動解析を基盤とした治療戦略構築に関する研究

タイトル別名

The construction of treatment strategy based on analysis of intra/inter-individual variability of anticancer drugs

著者名

岩田, 一史

著者別名

イワタ, カズフミ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第229号

学位授与年月日

2012-03-23

注記・抄録

博士論文

抗悪性腫瘍薬は、治療効果がみられる投与量と副作用が生じる投与量が近接した治療域の狭い薬物である。そのため、薬物動態の個体間ならびに個体内変動は、効果・副作用における個体差の原因となる。近年、その変動因子として薬物輸送タンパクの遺伝子多型などが報告されているが、これらと抗悪性腫瘍薬の薬物反応との関連を解明することは、安全かつ効果的な個別化治療を行ううえで重要である。そこで本研究では、シスプラチンにおける副作用発現機序の解明ならびに薬物応答の個体間変動因子を同定し、ゲムシタビンにおける薬物応答の個体内変動因子を探索することで、副作用軽減を目指した治療戦略の構築に関して検討をおこなった。

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570233
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000572518
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024393086
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ