Enhanced urinary bladder, liver and colon carcinogenesis in Zucker diabetic fatty rats in a multiorgan carcinogenesis bioassay : evidence for mechanisms involving activation of PI3K signaling and impairment of p53 on urinary bladder carcinogenesis 2型糖尿病モデルラットを用いた多臓器発がん試験において膀胱・肝臓・大腸で発がんが促進される : PI3K経路の発現上昇及びp53の発現異常が膀胱発がんの促進に関与している

この論文をさがす

著者

    • 石井, 真実 イシイ, ナオミ

書誌事項

タイトル

Enhanced urinary bladder, liver and colon carcinogenesis in Zucker diabetic fatty rats in a multiorgan carcinogenesis bioassay : evidence for mechanisms involving activation of PI3K signaling and impairment of p53 on urinary bladder carcinogenesis

タイトル別名

2型糖尿病モデルラットを用いた多臓器発がん試験において膀胱・肝臓・大腸で発がんが促進される : PI3K経路の発現上昇及びp53の発現異常が膀胱発がんの促進に関与している

著者名

石井, 真実

著者別名

イシイ, ナオミ

学位授与大学

大阪市立大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第3036号

学位授与年月日

2010-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000570814
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000573106
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024460115
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ