Association of onset to balloon and door to balloon time with long term clinical outcome in patients with ST elevation acute myocardial infarction having primary percutaneous coronary intervention : observational study ST上昇型急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈インターベンションにおける発症--バルーン時間及び来院--バルーン時間と長期予後の関連

この論文をさがす

著者

    • 塩見, 紘樹 シオミ, ヒロキ

書誌事項

タイトル

Association of onset to balloon and door to balloon time with long term clinical outcome in patients with ST elevation acute myocardial infarction having primary percutaneous coronary intervention : observational study

タイトル別名

ST上昇型急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈インターベンションにおける発症--バルーン時間及び来院--バルーン時間と長期予後の関連

著者名

塩見, 紘樹

著者別名

シオミ, ヒロキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第17415号

学位授与年月日

2013-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000572293
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000574598
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024647312
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ