Role of convergent activation of glutamatergic and dopaminergic systems in the nucleus accumbens in the development of methamphetamine psychosis and dependence メタンフェタミン誘発性精神障害と薬物依存における側坐核グルタミン酸神経-ドパミン神経系の収束的活性化の役割

この論文をさがす

著者

    • 宮崎, 雅之 ミヤザキ, マサユキ

書誌事項

タイトル

Role of convergent activation of glutamatergic and dopaminergic systems in the nucleus accumbens in the development of methamphetamine psychosis and dependence

タイトル別名

メタンフェタミン誘発性精神障害と薬物依存における側坐核グルタミン酸神経-ドパミン神経系の収束的活性化の役割

著者名

宮崎, 雅之

著者別名

ミヤザキ, マサユキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第9930号

学位授与年月日

2013-01-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000572706
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000575019
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024655746
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ