Early and late outcomes of coronary artery bypass surgery versus percutaneous coronary intervention with drug-eluting stents for dialysis patients 血液透析患者に対する冠動脈バイパス術と薬剤溶出ステントを用いた経皮的冠動脈形成術の早期と長期遠隔期の結果

この論文をさがす

著者

    • 寺澤, 幸枝 テラザワ, サチエ

書誌事項

タイトル

Early and late outcomes of coronary artery bypass surgery versus percutaneous coronary intervention with drug-eluting stents for dialysis patients

タイトル別名

血液透析患者に対する冠動脈バイパス術と薬剤溶出ステントを用いた経皮的冠動脈形成術の早期と長期遠隔期の結果

著者名

寺澤, 幸枝

著者別名

テラザワ, サチエ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第9990号

学位授与年月日

2013-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000572806
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000575120
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024660312
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ