Does splenic preservation treatment (embolization, splenorrhaphy, and partial splenectomy) improve immunologic function and long-term prognosis after splenic injury? 外傷性脾損傷に対する脾臓温存療法(塞栓術、脾縫合術、そして脾部分切除術)は免疫能と長期予後を改善するか?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中江, 晴彦 ナカエ, ハルヒコ

書誌事項

タイトル

Does splenic preservation treatment (embolization, splenorrhaphy, and partial splenectomy) improve immunologic function and long-term prognosis after splenic injury?

タイトル別名

外傷性脾損傷に対する脾臓温存療法(塞栓術、脾縫合術、そして脾部分切除術)は免疫能と長期予後を改善するか?

著者名

中江, 晴彦

著者別名

ナカエ, ハルヒコ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第9752号

学位授与年月日

2013-01-17

注記・抄録

博士論文

14401乙第09752号

博士(医学)

大阪大学

2013-01-17

25738

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000573865
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000576187
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024709388
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ