Role of crosstalk between interluekin-6 and transforming growth factor-beta 1 in epithelial-mesenchymal transition and chemoresistance in biliary tract cancer 胆道癌におけるインターロイキン-6とTGF-β1相互干渉によるEMTと化学療法耐性の役割

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山田, 大作 ヤマダ, ダイサク

書誌事項

タイトル

Role of crosstalk between interluekin-6 and transforming growth factor-beta 1 in epithelial-mesenchymal transition and chemoresistance in biliary tract cancer

タイトル別名

胆道癌におけるインターロイキン-6とTGF-β1相互干渉によるEMTと化学療法耐性の役割

著者名

山田, 大作

著者別名

ヤマダ, ダイサク

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第16165号

学位授与年月日

2013-03-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第16165号

博士(医学)

大阪大学

2013-03-25

25951

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000573876
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000576198
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024709453
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ