Impacts of dihydropyrimidine dehydrogenase and gamma-glutamyl hydrolase on the outcomes of patients treated with gemcitabine or S-1 as adjuvant chemotherapy for advanced pancreatic cancer 膵臓癌術後補助化学療法としてゲムシタビンまたはS-1を処方した症候群におけるDPDおよびGGHの予後因子としての検討

この論文をさがす

著者

    • 中村, 紋子 ナカムラ, アヤコ

書誌事項

タイトル

Impacts of dihydropyrimidine dehydrogenase and gamma-glutamyl hydrolase on the outcomes of patients treated with gemcitabine or S-1 as adjuvant chemotherapy for advanced pancreatic cancer

タイトル別名

膵臓癌術後補助化学療法としてゲムシタビンまたはS-1を処方した症候群におけるDPDおよびGGHの予後因子としての検討

著者名

中村, 紋子

著者別名

ナカムラ, アヤコ

学位授与大学

東京女子医科大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第522号

学位授与年月日

2011-11-18

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000574384
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000576711
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 024798871
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ