Helicobacter pylori慢性胃炎における血清学的診断の臨床的意義 : 内視鏡検査所見との比較検討 Clinical significance of serum Helicobacter pylori IgG-antibody and pepsinogen in patients with chronic H. pylori-gastritis

この論文をさがす

著者

    • 春山, 浩美 ハルヤマ, ヒロミ

書誌事項

タイトル

Helicobacter pylori慢性胃炎における血清学的診断の臨床的意義 : 内視鏡検査所見との比較検討

タイトル別名

Clinical significance of serum Helicobacter pylori IgG-antibody and pepsinogen in patients with chronic H. pylori-gastritis

著者名

春山, 浩美

著者別名

ハルヤマ, ヒロミ

学位授与大学

東京女子医科大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第2709号

学位授与年月日

2011-12-16

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000574549
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000576879
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024802082
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ