糖質加水分解酵素ファミリー18キチナーゼのキチン結合活性および抗真菌活性におけるLysMドメインの役割 The roles of LysM domain in chitin-binding and antifungal activities of glycoside hydrolase family 18 chitinases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 翁長, 彰子 オナガ, ショウコ

書誌事項

タイトル

糖質加水分解酵素ファミリー18キチナーゼのキチン結合活性および抗真菌活性におけるLysMドメインの役割

タイトル別名

The roles of LysM domain in chitin-binding and antifungal activities of glycoside hydrolase family 18 chitinases

著者名

翁長, 彰子

著者別名

オナガ, ショウコ

学位授与大学

鹿児島大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

甲連研第702号

学位授与年月日

2011-03-14

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000574779
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000577110
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 024807952
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ