若狭湾西部海域で採集された流れ藻の種組成

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

若狭湾西部海域において2003年4月から翌年4月まで毎月1回流れ藻を採集した。流れ藻の主体はホンダワラ科海藻であり、残りはほとんどアマモであった。最も多く出現したホンダワラ科海藻は、3-7月がアカモク、8月がノコギリモク、9、10月がヤナギモク、11月がヨレモク、12-2月がヤツマタモクであった。流れ藻に多く出現したホンダワラ科海藻は、漸深帯で藻場を形成する種であった。流れ藻への出現時期や切断部位と成熟期を関連させ、ホンダワラ科海藻の各種が流れ藻となる様式を3つのグループに分けて検討した。

収録刊行物

  • 京都府立海洋センター研究報告

    京都府立海洋センター研究報告 (27), 13-18, 2005-03

    京都府立海洋センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    80017324780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00062209
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03865290
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ