大伴家持論 : 文学と氏族伝統

書誌事項

大伴家持論 : 文学と氏族伝統

市瀬雅之著

おうふう, 1997.5

タイトル別名

大伴家持論

タイトル読み

オオトモノ ヤカモチ ロン : ブンガク ト シゾク デントウ

大学図書館所蔵 件 / 78

内容説明・目次

内容説明

本書は、家持が歌の立脚点そしてモチーフとした氏族意識を、古代律令国家の中に問い返し、彼の生き方と歌の在り方、或いは『万葉集』の編纂意識との関わりを吟味している。

目次

  • 序編 本論の視点
  • 第1編 旅人文学と氏族伝統—家持の氏族意識を考えるために(旅人の氏族意識;大伴狭手彦以前—ヒレ振峯物語の形成 ほか)
  • 第2編 家持文学と氏族伝統(家持の氏族意識;出金詔書—大伴・佐伯氏の伝統顕彰の意義 ほか)
  • 第3編 『万葉集』の編纂と氏族伝統(編纂者への視点—巻六の場合;望郷の念と歌群の編纂—遣新羅使人歌群の場合 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA31116604
  • ISBN
    • 4273029545
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    297p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ