周辺資本主義論序説 : ラテンアメリカにおける資本主義の形成と発展

書誌事項

周辺資本主義論序説 : ラテンアメリカにおける資本主義の形成と発展

原田金一郎著

藤原書店, 1997.11

タイトル読み

シュウヘン シホン シュギロン ジョセツ : ラテン アメリカ ニオケル シホン シュギ ノ ケイセイ ト ハッテン

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

引用文献目録: p227-246

内容説明・目次

内容説明

世界資本主義システムを周辺からみる歴史=構造的アプローチでラテンアメリカを総体として浮き彫る初の成果。

目次

  • 第1部 歴史(ラテンアメリカ経済概史;メキシコにおけるアシエンダの形成;キューバ糖業の資本制的発展;ペルーにおける共同体と社会主義)
  • 第2部 理論(ラテンアメリカ従属論争総括;中米共同市場の理念と現実;ニカラグア混合経済論争;新移行論争再論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ