アブー・スィネータ村の醜聞 : 裁判文書からみたエジプトの村社会

書誌事項

アブー・スィネータ村の醜聞 : 裁判文書からみたエジプトの村社会

加藤博著

創文社, 1997.11

タイトル別名

アブースィネータ村の醜聞 : 裁判文書からみたエジプトの村社会

タイトル読み

アブー・スィネータムラ ノ シュウブン : サイバン ブンショ カラ ミタ エジプト ノ ムラシャカイ

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

文献: 巻末p7-15

内容説明・目次

内容説明

著者が偶然手にした150年前の醜聞文書—有力家系間の対立抗争をめぐるこの醜聞は、20世紀末の今日まで、事件当事者の子孫の人間関係に、暗い影を投げ続ける事件であった。書き記された事実と、語られる事実との相違に時に戸惑いながらも、著者はエジプトの村社会の日常性と、その背後に潜むアラブの思考様式の解明に挑む。「私とあなたの関係」という身近なミクロ世界のなかで起こったスキャンダルを通して、近代のエジプトの社会システムを考察する。

目次

  • プロローグ なぜこの本が書かれたのか
  • 第1部 アブー・スィネータ村
  • 第2部 文書「アブー・スィネータ村の醜聞」
  • 第3部 伝承「アブー・スィネータ村の醜聞」
  • 第4部 「醜聞」にみるアブー・スィネータ村
  • 第5部 アブー・スィネータ村の150年
  • エピローグ 「醜聞」にみる村社会の「日常性」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ