ヴィジョンは「世界」をつれて : 生きるアートの哲学

書誌事項

ヴィジョンは「世界」をつれて : 生きるアートの哲学

清眞人著

(Haruka selection)

はるか書房 , 星雲社 (発売), 1997.11

タイトル読み

ヴィジョン ワ セカイ オ ツレテ : イキル アート ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 12

内容説明・目次

内容説明

手ざわりのある生を生きるには。手づくりで一つのものをつくり、人と結びあうことによって、自分の世界や可能性がどれほど広がり、ひらかれてゆくのか。著者の小さな経験をとおして、かけがえのない生を愛し、愉しみ、生きてゆく技術を書き綴った、心にしみいる哲学的エッセイ。

目次

  • 「つくる」という経験—ある若い友人へあてた手紙
  • 空想親子絵本—書きかけの日記の数頁
  • 記憶は「世界」をつれてやってくる—ある老人への出さずじまいになった手紙
  • 空想ミニ展覧会への招待状—友人たちへの提案
  • 野菜たちとともに—松本照美さんの菜園を訪ねて
  • 「織る」という経験—小野瑛子さんを訪ねて
  • 想起、それは生きる技術—少し長いあとがき

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34304167
  • ISBN
    • 479524071X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    193p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ