書誌事項

歴史学の方法

マックス・ヴェーバー [著] ; 祇園寺信彦, 祇園寺則夫訳

(講談社学術文庫, [1320])

講談社, 1998.3

タイトル別名

Kritische Studien auf dem Gebiet der kulturwissenschaftlichen Logik

タイトル読み

レキシガク ノ ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

「Archiv für Sozialwissenschaft und Sozialpolitik, Bd. 22, S.143-207」に発表した論文の訳出.

内容説明・目次

内容説明

ヴェーバーは十九世紀的科学観を克服すべく社会科学の論理的、認識論的諸問題に取り組み、多くの論文を発表した。理念型の導入を提起した有名な「客観性」論文(『社会科学の方法』)もその一つであり、続いて発表された本編はこれを検証、補完し、同論文と対をなす。古代史の碩学E・マイヤーの著作に厳密な批判的分析をくわえ、歴史的な研究の論理的意味を問うヴェーバーの『歴史的の方法』最新訳。

目次

  • 第1章 エードゥアルト・マイヤー説の批判的分析(問題の所在;自由意志と偶然;歴史学の対象)
  • 第2章 歴史的な因果考察における客観的可能性と相当因果関係(「客観的可能性」の理論;相当因果関係)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34968644
  • ISBN
    • 406159320X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ