金融ビッグバンと崩壊する日本経済 : マルクス経済学で斬る危機の構造

書誌事項

金融ビッグバンと崩壊する日本経済 : マルクス経済学で斬る危機の構造

降旗節雄著

白順社, 1998.3

タイトル読み

キンユウ ビッグ バン ト ホウカイ スル ニホン ケイザイ : マルクス ケイザイガク デ キル キキ ノ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 36

内容説明・目次

内容説明

日本列島を襲う激震!!生き残るのはだれか?イギリスのビッグバンでは40の証券会社のうち生き残ったのは1社だけだった。もう学歴も預金もあてにはできない。確実に変貌をとげるニッポン。私たちの暮しはどう変わるのだろうか。

目次

  • プロローグ 金融ビッグバンとは何か
  • 1 金融ビッグバンの歴史的背景とその影響
  • 2 変貌をとげる日本社会のゆくえ
  • 3 戦後日本経済と私たちの労働
  • 4 アジアの通貨危機が意味するもの
  • 5 現代資本主義の21世紀への課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35394030
  • ISBN
    • 4834400514
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    190p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ