書誌事項

韓国人とつきあう法

大崎正瑠著

(ちくま新書, 160)

筑摩書房, 1998.6

タイトル読み

カンコクジン ト ツキアウ ホウ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

参考文献:p183〜188

日朝(韓)関係史略年表:p189〜190

内容説明・目次

内容説明

日韓両国は長い間、お互いの実像をよく知らないまま、相手を知っていると「錯覚」してきた。本書では、主に「対人レベル」に焦点を合わせ、日本人と韓国人が対面するときに、双方どんなことを念頭に置くべきかを考える。宗教観・血縁観・職業観の相違から、精神構造・言語・ふるまいまで、具体例をふんだんに取り上げながら、両国民の共通点と相違点を徹底的に洗い出す。ビジネスに旅行に必携の一冊。

目次

  • 第1章 日韓の相違と特質
  • 第2章 つきあう前に考慮しておくこと
  • 第3章 言語によるコミュニケーション
  • 第4章 言語を超えたコミュニケーション
  • 第5章 実際の場面で留意すること
  • 第6章 今後の真の理解のために

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ