書誌事項

大東亜戦争の実相

瀬島龍三著

PHP研究所, 1998.7

タイトル読み

ダイトウア センソウ ノ ジッソウ

大学図書館所蔵 件 / 71

内容説明・目次

内容説明

国家存亡の危機にあって、日本人が守り抜こうとしたものは何か。明治維新より日清・日露戦争を経て、大東亜戦争に至る歴史を凝視し、苦悩する近代日本の姿を浮き彫りにする。

目次

  • 序章 「大東亜戦争」という呼称について
  • 第1章 旧憲法下における日本の政治権力の構造上の問題点—戦争指導機構の弱体
  • 第2章 満洲事変
  • 第3章 国防方針、国防に要する兵力及び用兵綱領
  • 第4章 支那事変
  • 第5章 昭和十五年の国策のあゆみ
  • 第6章 昭和十六年の情勢
  • 第7章 東条内閣の登場と国策の再検討
  • 第8章 開戦
  • 終章 回顧よりの教訓

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ