書誌事項

数寄屋ノート二十章

早川正夫著 ; 建築思潮研究所編集

(建築Library, 3)

建築資料研究社, 1998.7

タイトル別名

数寄屋ノート : 二十章

タイトル読み

スキヤ ノート ニジュッショウ

大学図書館所蔵 件 / 73

内容説明・目次

内容説明

「数寄屋」のイメージの中に、われわれはあまりに強く“侘び”“寂び”の美意識を焼きつけているのではないかという疑問から、宮廷文化の流れを汲む華麗で装飾的な数寄屋論、文人文化の流れを汲む生活に密着した数寄屋論など、多様な考察を展開する。黄金の茶室や彦根城表御殿など数々の復原設計に携わった建築家による流麗かつ味わい深い数寄屋論考集。

目次

  • 「数寄屋」像の混乱について
  • 七部集の時代
  • 利休の創意—待庵をめぐって
  • 数寄屋のルネッサンス
  • 数寄屋の多様性
  • 文人文化と煎茶の世界
  • 武家の数寄屋と庭
  • 彦根城表御殿を復原する
  • 「江戸」の四畳半
  • 銘木と古材〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36881183
  • ISBN
    • 487460546X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    254p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ