親鸞における時の問題 : 歴史 Zeitlichkeit

書誌事項

親鸞における時の問題 : 歴史 = Zeitlichkeit

安田理深著

(安田理深講義集 / 安田理深著 ; 相応学舎編, 6)

弥生書房, 1998.6

タイトル読み

シンラン ニ オケル トキ ノ モンダイ : レキシ

大学図書館所蔵 件 / 13

内容説明・目次

内容説明

信仰が主観的なものに転落し、私的な心の問題となる傾向と対決した親鸞教学を、「時」の思索を通して明らかにし、現在の深さ、「歴史」の意味を問う。

目次

  • 1 信心における道理と時(時熟について;願自身の歩み;宗教の原理と事実;道理とは何か;道理は時においてはたらく)
  • 2 時の形而上学的性格と日常的性格(「時」における二つの性格;意識と時間;生命と時間)
  • 3 歴史の成就(名号の伝承;三心の己証)
  • 4 歴史への発遣(歴史的存在;信仰は歴史をもつ;実存疇;自己への発遣)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37151710
  • ISBN
    • 484150754X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    214p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ